税金のスペシャリストに聞いた仮払金

仮払金がわからない私が税金のスペシャリストに助けてもらいました

仮払金というのはどのようなものなのかが会社の税務調査があって説明を求められました。しかし、どのように答えたらいいのかわからず、税理士に助けてもらいました。そこからは仮払金についての説明を書いていきます。

そもそも仮払金というのは小切手や現金などを支払いましたが、相手の勘定科目で金額が未確定の場合においては、それが確定するまでに使用する一時的な仮の勘定科目のことをいいます。

仮払金というのはどのような位置づけなのかといえばその他の流動資産に分類することができます。ではどのような時に用いられるのかといえば、従業員が出張するときにおいては交際費や旅費交通費などを支払う時で、出張先でどれだけ経費がかかるのか事前には正確にはわかりませんので、とりあえず仮払金でしょりすることで出張から戻ってきた場合において、仮払金を生産することにおいて出張旅費などは勘定科目に変えることになります。

注目する点としては支払目的が明確であったとしても仮払金として処理されることが多く、貸付金と多く粉飾決算になりやすい。

そして、仮払金の残高に注意することでおかしな支出がされてないか注意する必要があります。このように基本的に教えてもらった後は回答方法を教えてもらいました。

まずは仮払金は粉飾決算の温床になりやすいので、不正じゃないことを証明する必要があります。

裏ワザとしては仮払金を短期貸付金に変えることもできます。このように税務調査においては仮払金というのはチェックされやすいものなので常に不正がないか説明できるように準備できることを学びました。

このエントリーをはてなブックマークに追加