小牧市で税理士に頼んだ引越し経営

小牧市で5年間引越屋経営をしていた私が税のプロに頼んだ話

愛知県小牧市というのは県の中でも、名古屋のように大都市ではありませんが、住みやすい土地として人気があります。さまざまな引っ越し業者がいろんなサービスを提供しています。

いつの時代においても競争があるから、利用者にとってはメリットがたくさんありますが、経営者としてはこれから先の競争にどのようにして生き残っていくのかが大変であります。

ということでサービスの改善はもちろんのこと、経営の仕方を改めて見直す必要がありますので、まずは税理士に聞いてみましてどのような状況にすればよくなるのかを聞いてみました。

そもそも引っ越し業者というのは1975年ごろから引っ越しを専門に扱う業者が出てきているといわれています。

そこには広告をうつことで引っ越しの良さをアピールすることで消費者が喜ぶ土壌が出来上がりました。このように引っ越しすることは当たり前になってきた中で業者と消費者の間でトラブルがよく発生するようになりました。

そういったトラブルが起きたとしても、被害が最初に抑えることが大切だと教えてもらいました。さらに多様化する消費者のニーズにこたえて、いろいろなサービスを提供する必要が出てきましたので、ここからは消費者との契約をしっかりしておくことも学びました。

業者にとってつらいところは引越単価が下がっているということです。そこでアドバイスしてもらったことはできるだけ違法にならない程度に節税することで経営が安定することです。

このように厳しい競争の中でも冷静に税金や経営のことを見つめなおすことが大切だとわかりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加