税のプロに教えてもらった医院開業

税のプロに丁寧に教えもらい、アパレル経営を理解する事が出来ました

アパレル業界というのは最近では法人を設立する人がすごく多いです。その理由としては仕入れ先が日本国内だけでなく、海外から直輸入することが多くなってきたことである。

そしてインターネット販売も増えてきたこと、そのためクレジットカードで購入する人がかなり多くなってきたため、法人上での信頼が営業において、すごく必要になってきているのが原因です。

さらに税金対策することも会社の規模が大きくなると法人化することでたくさんのメリットがあるからです。そういう税金対策をする上においては経営ではすごく大切なので、税理士に相談してみました。

最初は税理士に聞いてみたのは税金のことですが、いろいろなアドバイスをもらっていくうちにどのように経営すべきかを教えてもらいました。アパレルというのは小売業界の一つであり、売り上げというのは企業のモラルに依存する場面が多く、特にアパレル業界というのは店の方針によって原価率がすごく変動する業界といえます。

ではどのように処理していって効率化すべきかは税理士のアドバイスによると、すごくわかりやすい会計処理をした方がいいといわれました。

さらに、最近のアパレル業界というのは国内の需要が減少している傾向の中で中国などの海外進出する必要がありますので、海外でも成功しやすい事業と税金対策のやり方も教えてもらいました。

このようにアパレル業界というのは売り上げなどがあいまいで済まされる場面がありましたので、そこを税理士に指摘してもらってよかったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加