前渡金のことを税理士に聞いた

前渡金のことをを理解するために税の専門家に依頼してみました

前渡金というのは、会社で働いているとよく出てくる用語ですか、実際にはどのような意味で定義がよくわからないので税理士に聞いてみました。では前渡金というのはどのようなものか基本から教えてもらったことを書いていきます。

前渡金というのは原材料の仕入れや商品などの外注加入の依頼の時に支払っている手付金や内金や商品の引き渡しなどを受けるときに管理する勘定科目といいます。名前の似いてる前渡金とは違います。

前渡金として処理するものとしては商品やサービスなどの手付金です。そして、サービスなどの給付などの債権で金銭債権とは違います。そして手付金には特別な効力があります。

次に税理士に教えてもらったことは会計処理方法です。まずは前渡金勘定を使うのが基本的な処理方法である。違う方法としては買掛金勘定で処理する方法が多いです。

そして税理士の方によく注意されたことは前渡金と前払費用との区別が大切になってきます。まずは大まかに区別できるところは継続して役務の提供の場合はまだ提供されてない役務に対して支払われるかどうかです。

そしてどのような場面に用いられるのかといえば前払費用が役務の提供が行われない場合に対して、前渡金というのは提供がまったくしていない場合である。

このようにいろいろな用語を少しずつ理解していくと全体的な税金の流れがわかってくるので税理士に教えてもらったので本当に良かったと思います。これからも勉強していくことの大切さがよくわかりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加