税理士 小牧市

中小企業の経営している私が税金を理解のため税のプロに相談してみた

中小企業を経営していく上では税金のことに関しては名古屋の税理士に聞いてみました。なぜなら中小企業の経営者にとってはいくら利益を上げても納税する必要がありますので、できるだけ節税をして経営を楽にしようと思ったからです。

税理士に聞いてみたところ節税する方法というのは色々あるようです。税理士の中でも節税の仕方を教えない人もいるらしく、さらに間違った節税の方法の仕方をしている会社も多く、そして税理士の方がしなくても、誰でもできる節税方法があることです。

このように税理士に聞いてみて税金を節税の方法を教えてもらったので経営がうまくいくように感じました。節税するだけでなく、税金の仕組みをさらに知りたくなったので、もう少し詳しく聞いてみることにしました。

中小企業が機械などを取得すると税額控除や特別償却などの仕組みを生かすことを教えてくれました。これの仕組みというのは法人税や所得税などは一般的に定められていますが、これは租税特別措置法というものらしいです。

そして、これにも節税の効果があります。どのように減税する効果があるのかといえば、資産を取得すれば減価償却費が増加することで所得が減少します。そのことが節税へと繋がるわけです。

税額控除限度額や特別償却不足額というのは1年間繰り越すことができることも学ぶことができました。自分で節税できることはほかにもいろいろあることがわかりましたが、自分でもできないことは税理士がしてくれるので安心しました。

中小企業の経営者にとっては節税することで経営が楽になることがわかってよかったと思います。

時計店を起業したときの私が小牧市にいる税金のプロに聞いた話

時計店を開業するにあたって、どのようにしたら成功するのかをいろいろな方法を考えていきました。愛知県小牧市ではどのような時計が売りやすいのかなど地域性をいろいろと調査するなどいきましたが、起業するとなると資金の問題など、一人ではなかなかできないので税理士に相談しました。

まず税理士がアドバイスしたのは税金のことではなく、時計店開業することによってどのような経営をしていきたいのか考えるべきかとおっしゃりました。時計店というのは地域性によってかなり変わってきます。

愛知県小牧市で店をするにあたって、どのようなブランドの商品があるかを調べることです。在庫をどのように扱うかが大切となってくることです。そして、品質をどのようなものを提供するかが大切と教えられました。

起業するに当たっては制度を利用してできるだけ自己資金をあまり使わないほうがいいといわれました。そして、会社設立に関しては税理士も手伝ってくれるといわれたので心強いことを覚えています。

時計屋としてうまくいく方法としては衝動買いを促すことで客単価を上げることです。これはアドバイスをいただいたものですか、お客の目線だと陳列というのはすごく重要というのがわかりました。

店を経営していくのは売り上げや税金のことを考えるのはもちろんですが、消費者の視点もとりいれるなどバランスがとてもいることだとわかりました。

時計屋を経営していく上では起業からアドバイスをいただいた税理士はとても頼りになる存在だと思いました。

小牧市で宝石店の経営を初めたときに私が税理士に聞いた時の話

愛知県小牧市で宝石店を開業しようと思いましたが、まずは小牧市にどれほどの宝石店があることから調べてみました。いろいろと開業することに当たって、資金などをどうすればいいのかわからないことが出てきましたので、税金の話などを相談するには税理士が向いていると思いました。

開業するまでは宝石店で働いていたのである程度の知識はありましたが、しかし、開業するとなると結構厳しいものだというのは税理士に相談してみてわかったことの一つです。

まずは税理士の方に相談したのはまずは青色申告をすることによって商工会から推薦をいただいたことで小口融資を無担保で借りることを勧められました。

こういった方法であれば自己資金がかなり少なくても開業することが不可能でないとわかったのです。売り上げを増やすには店の立地条件やどのような商品がほしいことや、年齢層などの下準備も忘れないようにとアドバイスをいただきました。

開業のメリットは何かというのを明確にすることで経営していく上でとてもスムーズにいくことです。経営においての基本としては税金をどのよに扱うかによって会社がどのようになっていくかが変わります。つまり、節税や会計の申告者などの必要最低限なものを余裕をもって行うことが大切だと思いました。

このように宝石店を経営するのは、はじめはいろいろなことをする必要があるので大変だと思いましたが、税理士のアドバイスでこれほどスムーズに経営できたのはよかったと思います。

小牧市で耳鼻科医院を起業したときに税理士から聞いた話

愛知県小牧市においても病院というのはいろいろありまして、これから耳鼻科医院を開業すればいいか検討していきました。そして、医院を開業することに当たって、いままでは医師の仕事をすればよかったのですが、これからは経営者としてもやっていかないといけないので、どのように開業すればいいのかわかりませんので、税金対策もかねて税理士に頼んでみることにしました。

まず耳鼻科医院を開業することにおいて、不安な部分がたくさんありましたのでね税理士に不安な部分を取り除くところから始まりました。でも医療にも厳しい時代にどのように、できるだけリスクを少なくして開業するかはとても大変なことであります。

税理士がいうには楽するだけではなく、損益分岐点を見て、収益が黒字であることです。もちろん患者がたくさん増えれば、収益はどんどん増えますが、今度は医師だけでなく、医院で働いている人が重労働になる可能性が高くなっていきますので、そのあたりのバランスが大切とアドバイスをいただきました。

その中で注意すべき点としては患者が多く感じた時でも、決して意図的に減らさないほうがよいということです。意図的に減らした場合は減らしすぎて収益が大幅に落ち込むことがあるからです。

医院を開業していく上でうまくいく方法としては、すごく働きすぎないことや、宣伝はほとんどせずにまじめにやっていくことで信頼を得ることや、専門外のことがあれば業者に頼むことがいいというのを税理士から学びました。

どのような医院にするかを決めるときに税理士のアドバイスはとても参考になりました。